2013年04月10日

無明

image.jpeg井俣

ちょ!ま、、、ごめん!
純矢の歳を間違えてたっ!!
なんと、まだ、はたち(二十歳)らしいっ!!! (←劇団員、指摘。)
な、、、、、、なんてこった☆
そして、うっかり間違えてごめん、純矢。


関係ないけど、
成人式ホヤホヤの頃の自分を思い出すけど、あんな風に立ち振る舞う事なんて出来なかったよな〜

二十歳の頃は、まだ少年社中が早大劇研で出来る前で
右も左もわからずただ余裕なく気を張ってた思い出しかない。

まっ、それでもがむしゃらに続けたから、この“ 今 ”がある訳で。その境遇を与えてくれた運命には感謝しなくては、と思う今。


【ラジオスターの悲劇】

避けられない運命に抗う者たちの物語。

この物語は、きっと
15年間必死で生きてきた僕達の血や肉からなっている。



つづく
posted by シャチュウブログ at 22:38| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | SHOUT to the TOP☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふと、
熱い珈琲を口にしながら、静かに淡々と
15年間に込められた想いを語る
舞台上の井俣さんを観てみたい…そんな風に感じました。

『ラジオスターの悲劇』

動作が見えない「音」の世界から動き出す物語と
「無明」

まるで、背中合わせに星空を見上げているように、
切なくもあり、頼もしくもある関係に思えました。

何かいつにも増して、神秘的な感覚と共に
とても楽しみにしております☆
Posted by ogata at 2013年04月10日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

シャチュウ☆ブログ