2015年09月02日

関ヶ原で一人?lonely SEKIGAHARA?

1440992639060.jpg1441075220479.jpg尚文です♪
昨日は9/30から始まる「関ヶ原で一人〜lonely SEKIGAHARA〜」の顔合わせでした!

僕の役柄も近日中にお知らせできそう\(^^)/
どうぞお楽しみに♪
そして本日22時より一般前売りのご予約受付が開始!
ぜひよろしくお願いいたしますm(__)m
智絵と二人で頑張りますよっ♪



ENG第三回公演
『関ヶ原で一人 〜lonely SEKIGAHARA〜』
9月30日から10月4日まで。
六行会ホールにて。
作・演出 久保田 唱(企画演劇集団ボクラ団義)
総合演出 佐藤修幸(DMF/ENG)


チケット情報
前売4,500円/当日5,000円


本日9/2(水) 22時より一般前売り開始!

竹内尚文扱い予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/67299/029/

内山智絵扱い予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/67299/013/


全席指定


【タイムスケジュール】
9月30日(水) 19時
10月1日(木) 19時
10月2日(金) 14時 /19時
10月3日(土) 13時 /18時
10月4日(日) 12時 /16時


開場は開演時間の30分前、受付開始は1時間前となります。
開演10分前を過ぎてご来場の場合、指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承くださいませ。



【あらすじ】

時は2015年現代。とある高校で日本史を教える歴史教師、【木下たすく】特に戦国時代に熱い拘りを持つ彼には、大好きな戦国時代の終焉直前にただ一つ、許せない戦いがあった。西暦1600年、9月に巻き起こった天下分け目の大戦(おおいくさ)。「関ヶ原の戦い」である。
歴史上、結果的に勝利した徳川家康(とくがわ いえやす)にも、その後の彼によって開かれた江戸幕府にも、全く文句の無い【たすく】だったが、どうしても許せないのがその決着に至るまでの経緯であった。生徒たちに熱く関ヶ原について語る木下たすくの熱が最高潮に達した次の瞬間、彼の目の前に広がっていたのは高校の教室から一転、戦国時代の山の中だった。そして更にそこで彼が見たのは、関ヶ原の戦いで彼が許せないほどの活躍をする筈のある一人の武将が、【死】を迎える瞬間であった…。
ENG第三回公演は、現代の歴史教師が戦国時代末期へタイムスリップ!歴史を教え続けてきた一人の男が、突如歴史の波に巻き込まれる!?
男がタイムスリップした先はあの【関ヶ原の戦い】よりも前の時間であった。しかし戦いの前のはずのその時間で、あの戦いで活躍するはずの人間が死ぬ。早速狂った時間の波を前にして、彼のとるべき行動とは?
第二回公演に続いて、直前公演も全回満席の偉業を果たしたENGが、意気軒昂で迎える第三回公演!!
あの関ヶ原の戦いについて、ずっとその気持ちが理解できなかった男が、その戦いの地に立った瞬間思うこととは!?
歴史教師タイムスリップ型大スペクタクル舞台劇!!!
posted by シャチュウブログ at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 尚文の日々是好日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

シャチュウ☆ブログ