2007年05月24日

魔法使い

「マジシャン(奇術師)とは魔法使いを演じる役者である」
素敵な言葉だ。
演技というのはそういうものだと思う。
今回の舞台、少年社中リバイバルvol.2「スロウ」は、僕にとってそういう演技ができる役者達が集まっている。
スリリングな舞台になりそうな予感がする。
丹念に作ろう。ひとつひとつ積み上げて。
すばらしい舞台ができそうだ。

もうりでした。劇場でお待ちしております。
posted by シャチュウブログ at 02:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 毛利の作劇之日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

シャチュウ☆ブログ